コンビニやスーパー、デパートなどなど至る所でクレジットカードを利用することができ、現金に依存する必要が無くなりました。
現金では特典を受けることが出来なく、クレジットカードを利用するだけで割引になるなどお得がいっぱいあるのです。 個人信用情報機関に登録されているクレジットカードヒストリーは、申し込み者の実績を証明する動かぬ証拠です。
クレジットカード申込書に記入された内容は申込者の自己申告によるものとなっているので、ほとんどが裏付が取れないことからクレジットヒストリーが重要な参考基準となります。クレジットヒストリーというのはこれまでにクレジットカードを利用した履歴のこととなります。
自社や他社を問うことなくクレジットカードの審査を行う時にはこのクレジットヒストリーが重要な判断材料となります。

 

年収が700万円!しかし、過去にクレジットカードの返済事故を起こしていると、審査が厳しくなります。
それとは逆に多少属性が弱い場合でも、良好なクレジットヒストリーが認められれば審査でパスする可能性があります。

株式会社ヌーラボの案内
http://cloudpack.jp/partner/nulab.html
株式会社ヌーラボ



《お役立ち情報メニュー》クレジットカードヒストリーは注意をしておきたいブログ:20170927

娘には
連日必死に戦っているものがある。
それは「重力」である。

人間が成長するということは、
実は重力との戦いに他ならない。

娘は血液を増やすことでこの重力に打ち勝って、
二足歩行が可能になるようにさせているのである。

娘は疲れるとすぐに寝っ転がるものだが、
これは寝ることで血液の増産を促して、
重力に対抗できるようにするのだ。

親にとってみれば
娘が起きているのに
寝っ転がるということは見苦しい姿なのだが、
娘が寝っ転がることを否定してはならない。

娘は必要だからやっているのであって、
それを禁じてしまうと娘は血液不足になって、
重力に打ち勝てなくなってしまう。

人前では礼儀正しくすることを教えるべきだが、
自宅でなら多少の無礼を許しておくべきなのである。

裕福になると、
どうしても礼儀作法にうるさくなるために、
娘が寝っ転がることを禁止してしまう…

しかしそのようなことを繰り返していると、
娘は深刻な病気を患ってしまい、
その治療は困難を極めてしまうことになる。

裕福な家庭の子供に難病奇病が多いのは、
この重力との戦いを無視しているからなのである。

ママはまさか我が娘が
重力と戦っているとは解らないものだ。

重力は目に見えないために、
我が娘が寝っ転がることで血液を増産し、
それで重力に打ち勝とうとしていることなど理解しにくい。

しかしそれをやらずに
立ちっぱなしや座りっぱなしにしていると、
血液が不足してしまい、病気になってしまうのである。

我が娘を健康にさせたいのなら、
重力から解放させ、血液を増やす機会を多く設けてあげることが大切!

それをママがきちんと配慮してくれるからこそ、
娘は健康に育つのである。



このページの先頭へ戻る